EXCEL DATEDIF

これをマスター

マスター DATEDIFで日付差

テーマ

前回購入日からの経過日をゲット
DATEDIF( 開始日, 終了日, 単位)
 
 
 ABCDEFG
1ID顧客ID前回取引日最終取引日前回から結果
21C10012021/06/102021/11/01=DATEDIF(C2,D2, “d”)144
32C10022021/06/102021/11/02=DATEDIF(C3,D3, “d”)145
43C10032021/06/102021/11/03=DATEDIF(C4,D4, “d”)146
54C10042021/06/102021/11/04=DATEDIF(C5,D5, “d”)147
65C10052021/06/102021/11/05=DATEDIF(C6,D6, “d”)148
76C10062021/06/102021/11/06=DATEDIF(C7,D7, “d”)149
87C10072021/06/102021/11/07=DATEDIF(C8,D8, “d”)150
98C10082021/06/102021/11/08=DATEDIF(C9,D9, “d”)151
109C10092021/06/102021/11/09=DATEDIF(C10,D10, “d”)152

はじめに

DATEDIF ( DATE 日付 DIFference 差)で2つの日付の差を出せます

DATEDIF( 開始日, 終了日, 単位)

終了日 – 開始日 を単位 差で出してねという関数です

詳しく

サンプルを見ていきましょう

C列に前回の購入日、D列に最終購入日があります
(シンプルにするためC列にはあえて同じ日を入れてあります)

=DATEDIF(C2,D2, “d”)

さっくり言うと
D2 – C2 を “d” (日)単位で引いた差は 144 日となります

単位は下記の単位を指定します

単位説明
y
m
d
md日 年月は無視
ym月 年は無視
yd日 年は無視

もう一歩

今度は、何ヶ月空いてるかを出してみましょう

単位の部分を、 “m” ( Month 月 ) とすると

=DATEDIF(C2,D2, “m”)


2021/11/01 と 2021/06/10 は4ヶ月差なので
結果は 4 となります

あわせてご覧ください

EXCEL INDIRECT

Excel

Excel EOMONTHの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More

EXCEL CONCAT

Excel

Excel EOMONTHの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More