EXCEL IFS

これをマスター

マスター 売上を金額レンジに分けよう

テーマ

売上を金額のレンジごとに振分けてみよう
IFS( 条件A, 結果A, 条件B, 結果B, 条件C, 結果C,{検索型} )
 
  =IFS(F1 >= 700, “高”, F1 >= 500, “中”, F1 < 500, “低”)
  A B C D E F G
1 連番 商品番号 カテゴリー 商品名 サイズ 価格 価格帯
2 1 P1001 コーヒー ドリップコーヒー ショート 290
3 2 P1002 コーヒー ドリップコーヒー トール 330
4 3 P1003 コーヒー ドリップコーヒー グランデ 370
5 4 P1004 コーヒー ドリップコーヒー ベンティ 410
6 5 P1010 コーヒー プレミアム ショート 650
7 6 P1011 コーヒー プレミアム トール 680
8 7 P1012 コーヒー プレミアム グランデ 700
9 8 P1013 コーヒー プレミアム ベンティ 740
10 9 P1014 コーヒー ナイトロ ベンティ 460

はじめに

IFSは複数のIF処理をすっきりと行える便利関数です

IFSはExcel使いが長年苦労してきた
複数のIF問題を解決してくれる素敵な関数です

例えばIF関数で、3個以上の条件
「明日、晴れだったらピクニック
雨だったら映画
そうじゃなかったらショッピング」
みたいな事を処理しようとすると

IF( 天気=晴れ, ピクニック, IF( 天気=雨, 映画, ショッピング) )

IFの中にIFを入れて延々と続けていく、ネストと呼ばれる煩雑な処理をしなければでした

IFSではそれをすっきりと分かりやすく書く事が出来ます
コンまで区切って
条件, 結果 を続けていくだけです
これはほんと便利です

詳しく

上の例では

=IFS(F1 >= 700, “高”, F1 >= 500, “中”, F1 < 500, “低”)

Fカラム価格の値を、500円未満、500円以上700円未満、700円以上のレンジに分けて
それぞれ低、中、高のカテゴリー分けしてカラムGの価格帯に表示させています

あわせてご覧ください