EXCEL TRUNC ROUND

これをマスター

マスター 小数点の扱いをマスター

テーマ

 
 
 ABCDEFG
1=TRUNC(B8,3)290.333TRUNC( 数値, 桁 )切り捨てし指定の桁でもとめる
2=ROUND(B8,3)290.333ROUND( 数値, 桁 )四捨五入し指定の桁でもとめる
3=ROUNDUP(B8,3)290.334ROUNDUP( 数値, 桁 )切り上げし指定の桁でもとめる
4=ROUNDDOWN(B8,3)290.333ROUNDDOWN( 数値, 桁 )切り捨てし指定の桁でもとめる
5=CEILING(B8,3)291CEILING( 数値, 基準 )基準の倍数に切り上げ
6=FLOOR(B8,3)288FLOOR( 数値, 基準 )基準の倍数に切り捨て
5販売日平均価格
82021/01/01290.33333
92021/02/01330.33333
102021/03/01370.33333
112021/04/01410.33333
122021/01/01650.33333
132021/02/01680.33333
142021/03/01700.33333
152021/04/01740.33333
162021/04/02460.33333

はじめに

ExcelではTRUNC ROUND などを使い
指定した桁で切り捨て、切り上げ等を行えます

上の例をみていきましょう

Aカラムにそれぞれの使用例、Bカラムに結果を表示しています
これらの使用例で、関数 (B8カラム, 3) の形で指定しています
それぞれ、B8カラム 290.33333の処理結果は違っています

TRUNC

290.33333の小数点3の形を目指して290.3333小数点以下3つ目の3で切り捨ます

ROUND( 数値, 桁 )

290.33333の小数点3の形を目指して290.3333小数点以下3つ目の3で四捨五入します

ROUNDUP( 数値, 桁 )

290.33333の小数点3の形を目指して290.333小数点以下2つ目の3で切り上げします

ROUNDDOWN( 数値, 桁 )

290.33333の小数点3の形を目指して290.333小数点以下2つ目の3で切り下げします

CEILING( 数値, 基準 )

この場合の3は桁数ではなく倍数を探す基準になります
整数部分の290より大きい1番近い3の倍数を探します

FLOOR( 数値, 基準 )

この場合の3は桁数ではなく倍数を探す基準になります
整数部分の290より低いきい1番近い3の倍数を探します

使用の目的にそった関数を選んで利用しましょう 

あわせてご覧ください

SQL SELECT

SQL

This page introduces SQL SELECT and tips

Read More

SQL INSERT

SQL

SQL Tips

Read More

EXCEL CONCAT

Excel

Excel EOMONTHの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More