SQL SELECT

SELECT

はじめに

SELECT はテーブルからレコードをとってくる(検索する)時のコマンドで
SQLでWHEREと一緒に最もよく使われるコマンドです

SQLの基本形はたった4つ
その中でもだんとつによく使われるのがSELECTの検索文です

SELECT カラム FROM テーブル WHERE 条件

英語文にも似てます (逆さまから読んで)

「条件に合ったデータを(WHERE)をテーブルから(FROM)、カラムを選んできて(SELECT)」

SELECTのサンプル

下記の例では、コーヒーの商品テーブルから
商品名がドリップコーヒーのレコードを探してきています

SELECTの後のカラムには、SQLに取ってきて欲しいカラム名・項目名を指定します
このサンプルでは * を使って全部のカラムをとってきています

 テーブル名: product
  商品番号 カテゴリー 商品名 サイズ 価格(円) 販売日
1 P1001 コーヒー ドリップコーヒー ショート 290 2021/01/01
2 P1002 コーヒー ドリップコーヒー トール 330 2021/02/01
3 P1003 コーヒー ドリップコーヒー グランデ 370 2021/03/01
4 P1004 コーヒー ドリップコーヒー ベンティ 410 2021/04/01

たとえば商品番号と商品名だけでよければ
SELECT 商品番号, 商品名 FROM product WHERE 商品名 =”ドリップコーヒー”
のようにカラムを, (カンマ)で区切るだけです

あわせてご覧ください

EXCEL XLOOKUP

Excel

Excel SUMIFの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More

SQL TRUNC

SQL

SQL Tips

Read More

EXCEL VLOOKUP

Excel

Excel VLOOKUPの使い方を簡単に紹介

Read More