EXCEL COUNTIF

これをマスター

マスター COUNTIFで条件にあったデータだけ数えよう

テーマ

単価ごとの注文数を出そう
COUNTIF( 条件範囲, 条件, 合計範囲 )
 
 
 ABCDEFG
1連番販売日カテゴリー商品名サイズ価格
212021/01/01コーヒードリップコーヒーショート290=COUNTIF(E:E,”=ショート”)
322021/02/01コーヒードリップコーヒートール330=COUNTIF(E:E,”=トール”)
432021/03/01コーヒードリップコーヒーグランデ370=COUNTIF(E:E,”=グランデ”)
542021/04/01コーヒードリップコーヒーベンティ410=COUNTIF(E:E,”=グランデ”)
652021/01/01コーヒープレミアムショート650
762021/02/01コーヒープレミアムトール680
872021/03/01コーヒープレミアムグランデ700
982021/04/01コーヒープレミアムベンティ740
1092021/04/02コーヒーナイトロベンティ460

はじめに

COUNTIFはCOUNTとIFの合体形です
もし(IF)条件にあてはまったら、数えて(COUNT)ね、という関数です
数える代わりに合計するSUMIFもよく使われます

ピボットテーブルを使うとドラッグ&ドロップで
視覚的に合計を出す事が出来ますが
レポートなどピボットが使えない場合にSUMIFは有効です

上の例では
G列に、サイズごとの売上回数をCOUNTIFを使って出しています

G1がショート =COUNTIF(E:E,”=ショート”)
G2がトール =COUNTIF(E:E,”=トール”)
G3がグランデ =COUNTIF(E:E,”=グランデ”)
G4がベンティ =COUNTIF(E:E,”=ベンティ”)

結果はそれぞれ

G1 が、2コ
G2 が、2コ
G3 が、2コ
G4 が、3コ

が返ってきます

詳しく


COUNTIF( 条件範囲, 条件)

指定する値は2つだけで、SUMIFにあった「合計範囲」はありません

条件範囲
には、検索したい範囲を入れます
今回、サイズで振分けしたいのでサイズ列のE列を指定します
E:EとするとE列を上から下まで全部の意味になります
E1:E10と何行かを指定する事もできます

条件には、上の範囲で何を検索するかを指定します
今回、サイズで振り分けたいので “=ショート”のようにします
必ずダブルクオーテーション “”で囲むようにしましょう

あわせてご覧ください