EXCEL IF

これをマスター

マスター IFでデータを分類しよう

テーマ

価格を条件にあわせて分類しよう
COUNTIF( 条件, 正結果, 否結果 )
 
 
 ABCDEFG
1連番カテゴリー商品名サイズ価格価格帯結果
21コーヒードリップコーヒーショート290=IF(E1>500,”高”, “低”)
32コーヒードリップコーヒートール330=IF(E2>500,”高”, “低”)
43コーヒードリップコーヒーグランデ370=IF(E3>500,”高”, “低”)
54コーヒードリップコーヒーベンティ410=IF(E4>500,”高”, “低”)
65コーヒープレミアムショート650=IF(E5>500,”高”, “低”)
76コーヒープレミアムトール680=IF(E6>500,”高”, “低”)0
87コーヒープレミアムグランデ700=IF(E7>500,”高”, “低”)
98コーヒープレミアムベンティ740=IF(E8>500,”高”, “低”)
109アイスコーヒーナイトロベンティ460=IF(E9>500,”高”, “低”)

はじめに

IFは条件にあっているかどうかを確かめ
結果によって違う値を表示できる関数です

上の例ではF列のIF関数において
E列の価格が500円より高いかどうかで、
「高」「低」を表示しています
(結果はスペースの都合上G列に表示してあります)

詳しく


IF( 条件, 正結果, 否結果)

条件には、チェックしたい条件、セルの値が大きい小さいとか
ある文字に等しいとか、ある日付より大きいなどを指定します

正結果には、上の条件が正しかった場合に表示する値を指定します
否結果には、上の条件が正しくなかった場合に表示する値を指定します

もう一歩

上の例では条件が1つ、価格が高いか低いか、だけでしたが
条件を複数チェックしたい場合はどうするのでしょうか?

例えば、
500円未満は「低」
500円以上700円未満は「中」
700円以上は「高」と3つの条件を指定したい場合

IF(E1>=700,”高”, IF(E1>=500,”中”, “低”))

従来のやり方だと、IF関数の中にIF関数をどんどん追加していく
ネストと言うやり方でした
関数全体がどんどん長くなっていき、あとから変更する際に
ロジックを理解するのが面倒だったりしました

この悩みに応えてくれて
Excel2019からIFSという関数が追加されました
このIFSは(IFの複数形なのでS)では
一つの関数で複数の条件分岐を行えます

IFSを使うとすっきり書く事が出来ます

=IFS( F1 < 500, “低”, F1 =< 500, “中”, F1 =< 700, “高”)

あわせてご覧ください

SQL SELECT

SQL

This page introduces SQL SELECT and tips

Read More

EXCEL COUNTIF

Excel

Exce COUNTIFの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More