SQL CONCAT

これをマスター

マスター CONCATで文字を接続

テーマ

CONCATで商品番号をフォーマット
 
 
テーブル: product_master
 顧客ID市外局番電話番号
1101123-4567
2201123-4568
3302123-4569
4402123-4570
5503123-4571
6604123-4572
7705123-4573
8804123-4574
9904123-4575
101005123-4576
テーブル: product (スペース都合で5行のみ表示)
 顧客ID電話
1101-123-4567
2201-123-4568
3302-123-4569
4402-123-4570
5503-123-4571

はじめに

CONCAT ( コラムか文字, コラムか文字 )

CONCATでクエリ(抽出)結果のコラムとコラムを接続する事ができます

例えば、[苗字]カラムと[名前]カラムをくっつけて氏名を結果に表示する事が出来ます

詳しく

例を見ていきましょう

ここではCONCATを使って
2つのカラムをハイフンで繋げています

複数のCONCAT

ハイフンで繋げたいので2個のCONCATを使います


CONCAT(CONCAT([市外局番], ‘-‘ ) , [電話番号]) )

まず市外局番とハイフンをCONCATでつなげ

CONCAT( CONCAT([市外局番], ‘-‘), [電話番号] )

つづいて 「市外局番とハイフン」のセットと電話番号をつなげています

CONCAT( CONCAT([市外局番], ‘-‘), [電話番号] )


あわせてご覧ください

SQL HAVING

SQL

SQL Tips

Read More

EXCEL IF

Excel

Excel IFの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More

SQL DELETE

SQL

SQL Tips

Read More