SQL TRUNC

これをマスター

マスター TRUNCで結果を見やすく

テーマ

売上価格を見やすく
 
 
テーブル: sales
 販売日平均価格
12021/01/01290.33333
22021/02/01330.33333
32021/03/01370.33333
42021/04/01410.33333
52021/05/02650.33333
62021/06/02680.33333
72021/07/02700.33333
82021/08/02740.33333
92021/09/03460.33333
10
結果: (スペース都合で5行のみ表示)
 販売月平均価格
12021-1290.33
22021-2330.33
32021-3370.33
42021-4410.33
52021-5650.33

はじめに

TRUNCで検索結果を成形する事ができます

※上の例は関数の説明のため、あまり意味のあるクエリではないですがあしからず

数字フォーマット

TRUNC(カラム, 桁)

TRUNC ([平均価格], 2 )では
指定の小数点以下をカットします (四捨五入では無い)

日付フォーマット

TRUNC(カラム, フォーマット)

TRUNC( [販売日], ‘YYYY-MM’) )では
値を指定のフォーマットに基づいて成形します

 
 日付型フォーマット
1SYYYY, YYYY, YEAR, SYEAR, YYY, YY, Y
2IYYY, IY, I
3四半期Q
4MONTH, MON, MM, RM
5WW
6IW
7W
8DDD, DD, J
9週の始めDAY, DY, D
10HH, HH12, HH24
11MI

あわせてご覧ください

EXCEL MAX

Excel

Excel SUMIFの使い方を分かりやすい例で紹介

Read More

SQL CREATE

SQL

SQL Tips

Read More

SQL UPDATE

SQL

SQL Tips

Read More